山口市で新築建てるならチャントまで

「国産い草」と「国産わら」でつくる本物畳

日本固有の敷物である畳ですが、近年は、
中国などの外国産の安価な“い草”を使ったものが
たくさん輸入されています。

現在流通している畳の約90%は、
ポリスチレンフォームやインシュレーションボードなどの化成品を畳床につかった「化学畳」。
昔ながらのわら床100%の畳の生産量は
年々減少しています。

輸入い草のほとんどは
表面が化学染料で染められています。
また、成熟が不十分なうちに刈り取られるため、
目が十分に詰まっておらず、
数年で表面がボロボロになってしまいます。

スタジオセンスがお勧めしているのは、
品質の高い「国産い草」と
1年以上自然乾燥させた「国産わら」を畳床に
使った伝統的な畳です。
化学物質を一切使っていないので、
廃棄をするときには土に戻すことができます。

また、江戸時代から伝わる“天然泥染め”という加工方法を用いているので、万が一赤ちゃんが舐めても安全です。
またトレサビリティーで生産者の顔が見えるのも安心品質の証です。
わら床と国産い草で作る畳と輸入畳の価格差は1畳でわずか数千円。それで安全・安心が手に入るのであれば、
もう迷う余地はありません!

本物畳の7つの効果

1.調湿効果

い草の茎の中心にある灯心部と呼ばれる部分が、
湿気を吸ったり吐いたりすることで調湿を行います。
国産のい草は、中国産のものよりも灯心部の
表面積が広いため、長期間にわたって高い吸湿性と
吸湿率を保持することが分かっています。
その能力は、6畳の和室で約2,000ccもの水分を
吸収することができるほどです。

2.空気清浄

効果い草の内部は、キレイな六角形をした
ハチの巣構造(ハニカム構造)になっています。
そのいくつもの空洞が、シックハウスの原因とされている
ホルムアルデヒド、窒素酸化物、二酸化窒素などを吸着して、空気をキレイにする作用があります。
畳は、その高い空気清浄効果から、天然の空気清浄機
ともいわれています。

3.リラックス効果

清々しくてどこか懐かしいい草の香りには、
バニラエッセンスの原料として知られるバニリン、
樹木と同じフィトンチッド、紅茶に多く含まれる
ジヒドロアクチニジオリドなどの神経や体をリラックスさせる
成分が含まれています。また畳の程よい硬さと相まって、
私たちの睡眠にも良い影響を与えると言われています。

4.抗菌効果

い草の成分には、病原性大腸菌O157やサルモネラ菌などの食中毒細菌、また、バチルス菌、ミクロコッカス菌などの
腐敗細菌に対する抗菌作用があります。
最近の研究では、肺炎の原因となるレジオネラ菌に対しても抗菌作用が認められました。
また古い文献には、イグサが炎症、切り傷、
打撲の改善にも寄与すると書かれています。

5.断熱・保温効果

畳は、畳表のい草と畳床のわらの内部に
たくさんの空気を含んでいます。
そのため、夏は熱い空気が室内に進入するのを防ぎ、
冬は室内の暖かな空気を外へ逃がしません。
それが、畳が夏にひんやりと肌に心地よく
冬に暖かい理由です。
また、断熱性と保温性に優れているので、
冷暖房が効きやすいという特徴もあります。

6.吸音・遮音効果

畳床のわらに含まれるたくさんの空気の層が足音、
テレビ、ステレオなどの振動を吸収し、
不快な音が響くのを抑えます。
また、目で感じる“落ち着いた雰囲気”に
この吸音効果がプラスされ、心が静まるイメージを与えます。カーペットや無垢フローリングよりも高い吸音率の畳は、
階下への遮音対策としてもとても効果的です。

7.弾力性

畳の硬すぎず柔らかすぎない適度な弾力性は、
内部にたくさんの空気を含むい草とわらによる効果です。
現在主流となっている建材床では出すことができない
優しい踏み心地は、転んだ場合にもその衝撃を
優しく受け止めてくれます。
また、発育期のこどものバランス感覚を養うのにも
効果的だと言われています。
 


スタジオセンスへのご相談、お問い合わせはこちら