山口市で新築建てるならチャントまで

ホウ素系防腐防蟻材 エコボロン

なぜホウ素なのか

ホウ素は自然界ではホウ酸やホウ酸塩として存在し、海水や温泉水中に多く含まれています。
また、植物にとって必須微量元素であることから、人間も野菜や果物を食べることで日常的に摂取しています。 
身近な所では、目薬やソフトコンタクトレンズの保存液に使われていたりします。
 人間などの哺乳動物がほう素を必要以上に摂取した場合、腎臓の浄化作用で短期間に排せつされます。
ほ乳類にとっての急性毒性は食塩と同程度です。

 一方、腎臓を持たないあらゆる下等生物の場合には、
過剰摂取することで細胞レベルでエネルギー代謝できなくなり、餓死することが分かっています。
代謝という生命の基本プロセスに作用するので、抵抗力を獲得することもありません。
 3億年もの昔に起源を持つゴキブリ対策にホウ酸団子が使われていることからも分かると思います。 
また、揮発や分解によって滅失することのないほう素は、物理的な移動が起こらない限りそこに存在し続けます。
風雨に晒されたり地面に直接触れたりすると少しずつ移動が起こりますが、
非接地非暴露用途であれば半永久的な効果が期待できるのです。 

環境に優しくほ乳類に安全。

確実に害虫等の制御が出来て、効果も持続する。こういった特性から、欧米では1950年代から今に至るまで、室内の防虫、建築時の防腐・防蟻にホウ酸塩が広く使われています。 
特に、温暖湿潤な気候を好むシロアリの被害が深刻化していた米・ハワイ州では 1992年からホウ酸塩の防蟻処理が始まり、現在ではシェアのほぼ100%を占めています。

主な特徴

  • 高い防蟻・防腐性能
     劣化予防に、優れた効果を発揮します。
  • 安全性
     揮発性が全くないので、空気を汚しません。
  • 効果が長期持続
     乾燥環境では特に持続します。家を長持ちさせましょう。
  • 施工が簡単
     原液をそのまま使えるので安心。吹き付け、ハケ塗り可。
  • 差別化に!
     健康住宅・高耐久住宅にピッタリの製品です。

防蟻・防腐性能について

シロアリはエコボロンPROで適切に処理された木材を、食害することができません。
ホウ酸塩処理は欧米ではスタンダードになっており、京都大学、ハワイ大学、Forintek研究所の共同チームにより、高い防蟻性能が確認されています。
エコボロンPROは登録文化財の防虫・防腐工事でも採用されています。

安全性について

エコボロンPROは「ホウ酸塩」を主原料としています。
ホウ酸塩は揮発・蒸発しないため、シックハウスの心配がありません。
アトピー性皮膚炎の方、化学物質に過敏な方でも、安心してお使いいただけます。

効果が半永久的に持続

エコボロンPROで処理した木材は、乾燥環境にある限り、効果が半永久的に持続します。
持続性のある予防処理を実現できます。

スタジオセンスへのご相談、お問い合わせはこちら