山口市で新築建てるならチャントまで

構造~将来の家族構成やライフスタイルの変化に合わせて~

木造軸組構法とは

木造軸組構法(在来工法)は、木構造の構法のひとつとして
日本で古くから発達してきた伝統工法に、
近代の構造力学的な考え方を取り入れた建築工法です。

木材の柱や梁などの横架材を、仕口、ホゾにより接合し、
小屋組で屋根を構成します。木造枠組壁工法が
フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた
壁や床(面材)で支える構造(2×4・2×6)であるのに対し、
木造軸組構法(在来工法)は、主に柱や梁といった
軸組で支えます。

そのため、窓や出入口などの開口部を比較的広くとることが
できるので、広々とした大きなリビングや吹き抜けなど、
様々なデザインに対応できる設計の自由度が魅力です。

また、増築・改築などの大規模なリフォームがしやすいので、
将来の家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、
柔軟な対応をすることができます。

 

構造材はすべて山口県優良木材を使用

ふるさとの自然が育てた「やまぐちの木」は、調湿性や断熱性に優れているのが特徴です。
私たちは安心・安全な木材をお届けするため、
第三者機関が強度や乾燥具合などを検査し、品質が認められた
「優良県産木材」のみを構造材に使用しています。

近くの山の木を使うことは、地域の森林を豊かにすることはもちろんのこと、
輸送距離が短くて済むため、地球温暖化の防止にもつながります。
また、県産材を利用することは地域経済の活性化にも直結しています。
(助成金制度有り)

化学物質に過敏な方でも安心のホウ素系防腐防蟻材エコボロン

「ホウ酸塩」を主原料としたエコボロンPROは、
揮発・蒸発をしないため、シックハウスの心配がありません。
そのため、アトピー性皮膚炎の方、化学物質に過敏な方でも、
安心してお使いいただけます。

また、エコボロンPROで処理した木材は、乾燥環境にある限り、
半永久的に効果が持続するので、保証期間も通常の薬害処理に比べ
長めに設定されています。欧米ではスタンダードになっている
ホウ酸塩処理が、スタジオセンスがお勧めするシロアリ対策です。


>>防蟻材 エコボロンとは

育箱の材質の違いによる子ねずみの生存率実験

1986年、静岡大学農学部の水野教授を中心に、ハツカネズミの子どもを、
木、亜鉛鉄板、コンクリートの3種類の箱の中で飼育し、経過生存率を比較するという実験が行われました。
23日間の生存率は、木の箱で育った子マウスが85.1%、
亜鉛鉄板が41.0%、コンクリートが6.9%でした。
また成長度も、木の箱で育ったネズミは他の2つの約2倍でした。

この結果だけで断定することはできませんが、少なくとも鉄やコンクリートに比べて、
“木”が生物にとって快適な環境をつくりだすということが言えるのではないでしょうか。

スタジオセンスへのご相談、お問い合わせはこちら